タオ人間医学 謝明徳(マンタク・チャ) 著

仙道の基本行である“小周天”の科学的解明を試みた恐らく唯一の書。

唯一の書と言うと語弊があって、他にも科学的解明を試みた本はあるかもしれませんが、謝明徳(マンタク・チャ)老師の『タオ人間医学』ほどの完成度を誇る仕事は空前絶後ではないでしょうか。

謝明徳(マンタク・チャ)老師はタイ生まれの華僑であり、幼少より様々な師につき、多くの行法を習得され、それらを統合した「ヒーリングタオシステム」を確立、普及に努めておられます。

その大系は精密且つ驚く程論理的に構成されており、秘伝だの奥義だのといった神秘めいたムードで覆い隠す仙道行法とは一線を画すものになっています。

本書は、そのヒーリングタオシステム(現在はユニバーサルタオに改名)の中から小周天に関する部分を惜しげもなく公開したものであり、日本で公刊されているどの仙道行法の紹介書とも比較にならないほどの明晰な内容になっています。

行法の細かい点まで丁寧に解説されているばかりでなく、理論的背景も丁寧に説明されているので、仙人を目指す方(そんな方がこのHPを読んでいるとも思えませんが…)だけでなく、治療家を志す方にも一読決して損の無い好著だと思います。

気を用いたヒーリングに繋がる方法も掲載されていますので、病気の予防や体のメンテナンスに役立つ方法を求めている方にも有益でしょう。

医学統合研究会では、かならずしも気功をオススメする訳では有りませんが(偏差など色々な問題が出やすいので)、本書のように論理的な立場から詳しく論述された気功の本を一冊ご紹介して、この分野の参考文献としたいと考えた次第です。

謝明徳老師は、英語圏で赤川次郎ばりの膨大な著作を出版しておられますが、内容はかなり重複があるらしく、日本で訳出されている本で、凡その内容は知ることが出来るようです。

参考までに、他の著作として、独自の手技療法を解説した『気内臓療法T、U』、房中術のこれまた明晰この上ない解説書である『タオ性科学 男性編 女性編』、身体強化法を紹介した『鉄布衫功』、五行理論を応用した気功瞑想法の書『五行帰一』などがあり、DVDの教材も市販されています(但し、エライ高価!)。

どの本も決して安価な本ではありませんが、期待を裏切る本は一冊としてありません。

2007/06/10

トップへ