健康グッズあれこれ

健康グッズの市場は大変大きいもので、一昔前のぶら下がり健康器や健康サンダル、比較的新しいものとしては金魚運動器あたりが大ヒットを飛ばしたものとして頭に浮かびますが、たいていは一過性のブームで、長らく愛用しているという人は少ないようです。

ぶら下がり健康器はほとんどがハンガー掛けとして利用されているようですが、金魚運動器などは場所ふさぎ以外の何物でもなく、そのうちに粗大ごみとして家庭から追い出される運命を背負っているように思われます。

今後どのようなヒット商品が健康オタクのお宅を賑せるのか私には見当も付きませんが、メーカーは一攫千金を夢見て、今日も開発に挑戦しているに違いありません。

私は健康に関心を持ち続けるものとして、このような健康グッズの類にも常に関心を払っていますが、結局は話題性をさして持たない地味なアイテムのほうが高い効果を持っているようです。

このサイトでは、個別の商品の宣伝は行わないのを原則としていますが、今回は私の個人的お気に入りアイテムということで、いくつか具体的なものをご紹介しようと思います。

最近のお気に入りアイテムはクッションです。

デスクワークが中心で肩こり腰痛を御持ちの方には最適と思いました。

クッションで骨盤の角度を変え、姿勢を矯正するものですが、とても優れたアイテムです。

サイトはこちら!

私は東急ハンズで購入しましたが、他にも類似の効果を狙ったものが数種類置かれていました。

ご自分で試してみて選ばれると良いでしょう。

オーダーインソールです。

学生時代に右足の甲を骨折したことがあり、以降膝痛等の後遺症が現れていましたが、矯正靴によって随分改善されました。

足裏から全身を矯正するもので、歩けば歩くほど全身が調整されていくのだとか。

私がお世話になっているのは、大阪市平野区にあるフットマークスさんで、店主の角倉さんは薬剤師出身という変わり者。

サイトはこちら!

関東の某有名店でもオーダーしたことがありますが、フットマークスさんの作り方ははるかに丁寧で、ピッタリの状態になるまで、何度も調整を繰り返してくれます。

少々お値段が張りますが、ドイツの矯正靴フィンコンフォートに合わせて作れば矯正力抜群になるとか。

私はウォーキングシューズをニューバランスで、革靴をデンマークのエコーで合わせて作って貰いました。

視力の悪い人にメガネは欠かせませんが、老眼になればほとんどの人がお世話になりますから、一生メガネと無縁で過ごすという人はほとんどいないといってよいでしょう。

眼は脳とダイレクトにつながっていますから、眼鏡の善し悪しは日常生活にも健康にも大いに影響を及ぼします。

私が10代の頃からお世話になっているのは吹田市江坂にある視覚情報センターさんで、店主の田村さんは日本におけるスポーツビジョンのパイオニアとして業界では大変有名な人物で、無名時代のイチローのビジョントレーナーもされていました。

サイトはこちら!

眼の検査法も眼鏡づくりのノウハウも独特で、他に類似のお店はないのではないでしょうか。

“脳に優しい眼鏡”がスローガンで、パソコンなどを長時間なさる方には是非お勧めします。

価格も街の眼鏡屋さんとそれほど変わりません。

私の眼鏡は35000〜40000円だったように思います。

オーダーインソールのフットマークスさんも眼鏡の視覚情報センターさんも、どちらも業界では有名で、地方から泊まりがけで訪れるお客さんも少なくないようです。

お早めの予約をお勧めします。

以上の三点は、汎用性のあるアイテムとしてご紹介したものですが、健康への影響はサプリメントの類以上に多大なものがあると感じています。

少しお高めに感じるかもしれませんが、間違いなく生活の質が変わったと実感できるものばかりです。

2013/05/19

トップへ