イヤシロチと楢崎皐月

「イヤシロチ」という言葉も、最近では船井センセイの著作で一般にも知られるようになって来ましたが、原理を発見したのは天才工学者・楢崎皐月博士(明治32年〜昭和49年)で、住むと健康になったり、動物が集まったり、植物・農作物が良く育つ土地がイヤシロチであり、その逆に住人が不健康になったり、動植物が望ましくない状態になったり、建物の老朽化が進んだりするのがケガレチです。

一般にイヤシロチは「癒しの地」、ケガレチは「穢れた地」と理解されていますが、イヤシロチの語源は「弥盛地」で「生命力が盛んになる地」という意味であり、ケガレチは「気枯地」で「気が枯れた土地」を意味します。

楢崎皐月博士は、その類まれなる才能で色々な発明をし、若くして産業界や軍部の一部にその開発能力を高く評価され重用されていました。

たとえば、20代で特殊絶縁油を発明し事業化に成功しており、これは電信柱の上にある変圧器に使われるものです。

また、人造石油を発明し、軍がその技術を採用していました。 その軍の要請により満州で製鉄の仕事に携わっているときに土地の善し悪しに気がついたそうです。

当時、いくつかの異なる場所で小規模の溶鉱炉を使い、実験的に鉄を製造してみたところ、材料も技術も全く同じ条件であるにもかかわらず、生産する場所によって鉄の出来上がりに著しい差があることを発見しました。 ある場所の製品はいつも優秀であるが、ある場所のものはいつも不揃いで不良品が多く出るのです。

いくら検討しても、資材も方法も同じなので、不思議に思っていたそうですが、ある日ふと、土地に原因があるのではないかと考えました。

土地にも「良し悪し」があるのなら、科学的に測定できるのではないか・・・?もしかすると、電気的に測定できるのではないか・・・?

電気工学者でもあった楢崎博士は、統計的手法で、日本全国の土地12000カ所以上を任意に抽出して、実地調査をしました。

調査した土地の平均面積は、1カ所あたり1アールでした。 詳しい検査の方法は省略しますが、もっと詳しく知りたい方は、楢崎皐月著「静電三法」をお読み下さい。

■イヤシロチ(弥盛地) 植物生育の優勢地で人間の健康地でもあり、物質の耐久性を付与する地帯です。電気的には、還元電圧地帯です。
■ケガレチ(気枯地) 植物生育の劣性地帯で、人間には不健康な土地で、ものが腐りやすく壊れやすい地帯です。 日本全国の土地12000カ所以上の土地の検査の結果、 ケガレチ、すなわち劣性生育地帯は、約30%、 標準生育地帯は約55%。 イヤシロチ、すなわち優勢生育地帯は約15%と非常に少ないということが分かりました。 そして、次のような大変興味ある結果を報告しています。
■優勢生育地帯 大地表層は全て還元電圧を示し、大地電流は全て上から下へ流れ、流れる電流も多い。
■劣性生育地帯 大地表層はほとんど全てが酸化電圧を示し、大地電流は全て下から上へ流れる。
■普通(標準)生育地帯 大地表層に酸化電圧と還元電圧が混在し、電流方向も、上から下へ流れる部分と下から上へ流れる部分とが混在している。

 
さらに詳しくイヤシロチとケガレチを調査すると大変興味深い統計がでました。

1. イヤシロチに住居する人は、いずれも健康的で病人がいなかった。 ケガレチに住居する人たちは、病気がちであり、調査家族全てに病人がいた。
2. イヤシロチに位置する養鶏所は、産卵率が高く、病気の鶏はいなかった。 ケガレチに位置する養鶏所は、産卵率が悪く病気の鶏も多い。
3. イヤシロチに位置する牛舎、豚舎はいずれも飼料の腐敗がきわめて少なく、動物の健康も良好の状態だった。牛の場合は乳量 が多く、豚は肥育が順調で早い。 ケガレチに位置する牛舎、豚舎の場合は、牛の乳量 は少なく、豚の肥育は不良、病気のものが多く健康度は不良であった。
4. 神社の位置と建物を、18カ所調査したところ、いずれもイヤシロチに位置し、建物の損傷はなかった。
5. 寺院については27カ所調査し、そのうち優勢地帯(イヤシロチ)に位置するものが21カ所、普通地帯に位置するものが6カ所であった(6カ所のうち、5カ所の寺院は建物が改修されていた)。
6. 新しく建てられた学校(9カ所)、工場(18カ所)の用地を調査したところ、いずれもケガレチであった。建物の傷みが早く、業績不良の傾向を示すものが多かった。楢崎博士たちは、これらは、元は農地だったが、農作物の出来が悪いために安い価格で提供されたものであろうと推定している。
7. ケガレチの部分の道路は、強固に舗装されていても、常に破損しやすく、何回も補修工事が行われている。これは該当する15カ所を継続して観察した結果である。
8. 交通事故の多発する「魔の踏切」とか「魔の場所」と言われているところは、例外なくケガレチである。該当する24カ所を継続して調べた結果 、3ヶ月で総計72件の事故があり、甚だしく事故が多かった。
9. ケガレチに作られた工場は不良品が多く、従業員の病欠が他よりも多い。たとえば染色工場では、染色の色が冴えない、染めむらが多いなどの傾向があった。染色工場15カ所のほか、織物、煉瓦、陶磁器、食品などの工場でも同様であった。
 

以上のように、楢崎皐月博士は綿密な現地調査を踏まえて、大地電流の状態を「ケガレチ」と「イヤシロチ」に分類することができることを科学的に解明しました。

2007/04/03

トップへ