お風呂が大切

お風呂の水を改質することで湯治効果が期待できることを別コーナーで書きましたが、妊婦さんには特にこのお風呂が大切になってきます。

日本人はもともとお風呂好きで有名で、お風呂に入ることは健康の維持、疾病の改善、疲労回復に役立つのですが、妊婦さんに特に推奨したいのには訳があります。

妊婦さんは、お腹の中に子供を宿しているために(受胎後何ヶ月かにも寄りますが)、体表面積が大きくなっています。

水の持つ固有の波長は周囲から体内に影響を与えます。

これらが活性酸素の害を軽減してくれる方向に働きますし、湯治効果で妊婦さんの疲労が解消されることは胎児の健康にも大変貢献します。

健康で安心な出産を願う妊婦さんには是非ともお風呂の水にも拘って欲しいと思います。

2007/05/16

トップへ