統合医学の理想は既に東洋医学にあった!

統合医学というと、西洋医学に種々の代替医療をドッキングさせて、互いの長所を生かしあいながら、より良い治療を行おうという試みを指すように思われていますが、実は、その理想的な形が、既に東洋医学の中にある、というと驚かれるでしょうか?

私は、統合医学とは必ずしも西洋医学とそれ以外の非西洋医学的なものとを無理やり合体させるような試みだけを指すのではないと思っています。

別の項でも少し論じた問題ですが、体系の基礎を成す部分からして異質なもの同士を融合させるというのは、言うは易し行うは難しで、様々なクリアすべき問題を孕んでいます。

しかし、東洋医学には真の意味での理想的な統合医学が完成されています。

それは、基礎理論が統一されているからでもあるのですが、様々な治療法がもっとも力を発揮できるようになっています(実際にそれがシステムとして理想的に運用されているかは別として)。

医食同源の項で触れたように、東洋医学の種々の治療法は、各地域でその必要に応じて発達して来たものです。ですから、本質的にはそのどれが優れていて、どれが劣っているという次元の話は全くありません。

私自身の話を少しさせて下さい。

私は漢方の勉強をしていますが、それは別に漢方そのものに特別の関心があったという訳ではなく、東洋医学の基礎理論を勉強したかったからで、たまたまその入り口として漢方を選択したに過ぎません。

むしろ、当時は漢方よりも、鍼術に魅力を感じていました。

何故なら、湯液療法は生薬が手元に無ければ適切な診断を下せても治療の仕様が無いからで、針一本あれば治療が出来る針医術の方が魅力的に見えたからです。

その頃テレビで、鍼灸師の日本人が貧しい国の農村を廻りながら、まともな医療を受けられない僻地の人々を針一本で治療する姿が放映されていましたが、このような環境では湯液による治療は到底できないだろうと思ったものです。

それに、針で何でも治ると豪語する鍼灸師さんの本も読み、ますます針医術に対する関心は高まったのですが、今更鍼灸学校に行く時間も予算も無い中で自分なりに漢方の勉強を続けていく内に、疑問が湧いて来ました。

どう考えても面倒な湯液が淘汰されずに、鍼灸と共存していることが不思議に思えたのです(今から思うと素人考えですが)。

しかし、「チャングムの誓い」や「ホジュン」などの韓流ドラマを見て、東洋医学の治療とはこういう分業になっているのだなと分かりました。

また、漢方の勉強をしている内に、古典には「鍼で治すべきで湯液を使うべきでない証」「湯液を使うべきで針を用いてはならない証」「湯液を経絡に沿って適切に効かせる為に針を使う方法」などがあることを知り、どちらが優れているという話ではないことを知ったのです。

これらの組み合わせにより、単独での施用では得られない相乗効果を上げるのが本来の東洋医学的治法なのです。

残念ながら、日本においては鍼灸が不当に低い扱いを受けており、漢方が上位に立つ風潮が続いた為、鍼灸は鍼灸で、漢方は漢方で、という風に、お互いの長所を生かしあうという関係が上手く出来ていないようです。

何より、今日理想的な東洋医学的統合医療を実現するには制度上の障壁があり、医師という例外を除けば、薬剤師と鍼灸師の両方の資格を取らなくては一人での統合医療は出来ません。

中には、鍼灸師を雇っている漢方薬局などもありますが、その場合は、やはり漢方が優位な立場をとらざるを得ず、難しいところがあります。

少々内容が支離滅裂になってしまいましたが、東洋医学には既に理想的な統合医学が実現されており、中西結合のみが統合医学実現への道ではないことをお話したかったまでです。

2007/04/12

トップへ