誕生前後の生活 野口晴哉 著

時折このHPで名前が出る、我が国不世出の治療家、野口晴哉先生の名著。

野口晴哉先生の著作はほとんどが講義録を元にしており、本書も語り言葉を活字にしたものになっています。

出産前後には様々な問題がありますが、その対処法や野口先生独自の考え方を、丁寧に解説しています。

野口先生の整体の考え方というものは、あくまでも、自然な体の要求というものを重視し、患者の生命力を発揚させることで、治癒に導くというスタンスですが、それは育児や教育においても同様で、妊娠期間においては胎児や妊婦の体の自然な要求にどこまでも沿うような過ごし方が大切であると説きます。

しかしながら、野口先生の時代にはそれで良かったのでしょうが、今日の様に汚染が進んだ現代社会で生活する私たちは、既に自然な体の要求というもの自体が、感覚の鈍化が進みすぎたせいで、分からなくなっているように思います。

やはり、現代社会では本書の内容をそのまま実行するのは難しく、その補助となる理論が必要なのではないかと当会では考えています。

食事を正しくし、良い水を飲み、体の自然な反応や要求を感じられるようになった上でこそ、本書で野口先生が述べておられるような事柄を実践する下地が整うのではないでしょうか?

また、本書は腰椎や頚椎への愉気、各種整体体操など、本を読んだだけでは整体の知識のない素人には実践困難な部分が多々ありますので、まずは全体を通読し、野口整体における出産前後の生活というもののイメージを頭に入れるというだけでも十分でしょう。

本書は、一般の書店では入手できませんが、発行元の全生社に問い合わせれば購入可能です。

2007/06/16

トップへ